スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
馬場さん@赤坂BLITZ


  赤坂ブリッツお手紙






馬場さんのライブに初めて行った時、
馬場さんからのお手紙つきセットリストの
紙資料(笑)を帰りにいただいてびっくり、
そして、とっても嬉しかったです。






大事にファイリングしていましたが、
赤坂BLITZのお手紙が
ファイルの最後のページに
納まりました。
(お手紙の紙の色がサクラサクツアーで、
白くなりましたね。)
それで、なんとなく、赤坂の事、
書いておこうかなぁ、、
って思って、どうなるか分からないけど、
書き始めてみます。







今日は雨ですね。雨
ひさしぶりに、「人生という名の列車」に
ついていたライブ盤を聴きました。
馬場さん初のホールライブの厚生年金会館
での四曲が収められていて、
今聴いても心が震えます。




馬場さんの初ホールライブ、、
2005年12月25日。
大阪厚生年金会館。



迷っているうちに先行予約が終わり、
一般発売でチケットが取れず、、、
すごく後悔しました。



だから、「人生という名の列車」に
このライブ盤が付くと聞いて、
すごくうれしかったんです。



そんな事を思い出しながら、
外は雨だけど、しっとりした
いい時間を過ごしています。






馬場さんは、桜坂劇場に行かれたようです。
(名前からしても、なんだかステキな場所ですね。
 サクラサクツアーだしね。。)






最近レポらしいレポを書いてないけど、
レポっていうより、曲への想い出になりそうです。




 以下、セットリストが書いてありますので、
   ご注意ください!



























セットリスト

 1、明日へのフリーウェイ
 2、草野球
 3、青春ラジオ
 4、今日も君が好き
 5、ただ君を待つ
 6、あのうた
 7、春のレイン
 8、真珠
 9、白球
10、鴨川
11、スタートライン~新しい風
12、ダディーズ・ソング
13、ブルーバード~僕は夢の影のように
14、オセロゲーム
15、君の中の少年

EN.
16、サクラサク
17、主人公








客電が落ちて、拍手が沸き、
渡辺さんの音が静かに流れて、
ギターの音が入ってきて、
ゆる~い感じでライブが始まりました。


「明日へのフリーウェイ」
 一曲目、こう来ましたか、、笑。
 ちょっと硬めだったけど、嬉しそうに歌う馬場さん。
 それだけで、テンション上がりました。
 この曲はどうしても西海さんというイメージが
 焼きついてるのです。
 最後のコーラス。
 ちょっとそれがさみしかった。




「草野球」
 情景が浮かびます。
 青い空に白い雲。
 草のにおいと土埃のにおいに、
 ユニホームやグローブの汗のにおい。
 ライブハウスにいながら、
 川の照り返しや風を感じられる。 
 そうそう、カレーライスの匂いもね。笑
 馬場さん、ほんと、野球が好きなんだなぁ~。
 草野球は匂いのする曲です。




「青春ラジオ」
 ちょっと高音が歌い辛そうだったかな。
 でも、なんだか懐かしくあったかい曲で
 大好きです。
 メロディーラインが覚えやすくて、
 耳に残りますよね。
 ♪暮らしの中に溢れるWave―
 のとこの歌い方が好き。
 深夜、RCCの電波を探したことも懐かしい。
 そして本当に聴こえたことに感激!
 RCCのスポットのアレンジ、好きです。
 





「今日も君が好き」
 小鳥のさえずりから始まりました。
 もう後は振り返りませんでした。笑
 ほんとに、幸せな気持ちになれる曲。
 アコースティックならではの味があります。
 こんな優しい声を持ってる馬場さん、
 いいなぁ。。




「ただ君を待つ」
 エリア807の時に、ちょっとボロボロだったのが
 尾を引いて、この歌が始まるとハラハラしていたのが、
 だんだんなくなってきました。(よかった。。)
 こんなこと言われたら、女性はもう・・・・・
 99パーセント落ちますね。笑
 ♪背伸びをしなくちゃ 届かない扉がある― 
 初めて聴いたときから、何故かここが好きです。




「あのうた」「春のレイン」
 最近、よく聴いていた曲だったので、
 !!!!!
 イントロが始まって、びっくりしました。
 歌ってくれてありがと~。。
 幸せでした。
 「あのうた」は、たぶんなんばHatch以来。
 「春のレイン」は、ライブで初めて聴いたと思う。
 イントロも詞もテンポも大好き。
 せつなさにキュンとします。
 もう一度、この時間に戻りたい。
 ♪心が変わるならそう言えよ―
 歌声がせつない。




「真珠」
 ライブで初めて聴きました。
 とっても色っぽい曲ですよね。
 やっと聴けました。
 もっと、こんな色っぽい歌、
 歌って欲しいなぁ。
 ♪心の底に石を投げてみるけど
 胸にあてた耳は何も聞きとれない―

 大人です。。ステキ。




「白球」
 久々に聴きました。
 2006年ACOUSTIC CIRCUIT の後半戦、
 ダイアモンドホールで初めて聴いた曲。
 あれから、、、ずいぶん経ちますけど、
 あ---、そうだったった、そうだった。
 って、思いました。
 馬場さん、その時、
 「白球」です。「八球」じゃないよ。。
 って言ってたのを覚えてる。笑
 このツアーで「多摩川土手」も発表になり、
 タイトルは仮です、、って言ってたけど、
 アルバムには「多摩川土手~君へのメッセージ」
 で収録されたんですよね。
 これ聴いたとき、泣けたんですよね。
 ファンのみんなにって歌ってくれたから。
 「白球」は、あれ以来聴いてなかったんだね。
 音源になるといいな。




「鴨川」
 「白球」の前のMCで、
 情熱をテーマにした曲を二曲歌います。
 って言ったので、「鴨川」が来るとは
 ぜんぜん思っていなくて。
 でも、川の流れの音が聴こえてきて、
 うわ~、鴨川聴けるんだ、、、って
 ほんとうに嬉しかったです。涙
 全神経集中させて、聴きました。
 息使いまで感じられるような、
 静かだけど情熱にあふれた歌声。
 きれいでせつない曲ですね。
 そうですね、、たしかに情熱がテーマ。
 最後の聴こえるか聴こえないかくらいの、
 好きだよ、好きだよ、、、
 これは、馬場さんにしか歌えない!




「スタートライン~新しい風」
 渡辺さんの鍵盤がすごかった。
 バンドツアーの時も思ったけど。
 間奏も素敵です。
 もう、新しい風バージョンしか歌わないのかな。
 もとの「スタートライン」も改めて
 聴いてみたい気がします。
 そんなわけにいかないのかな、、、。




「ダディーズ・ソング」
 馬場さんが、手拍子もなんだから、、、笑
 指を鳴らして。って言ったんだけど、
 私、指は鳴らないし、最後まで
 行けそうになかったので、御遠慮して
 ゆったりとリズムと歌を楽しみました。
 登場人物は、ドンピシャの年代なんだけど、
 この日は、ちょっと名前を変えて歌っていて、
 みんなの頭の上に?????マークが
 たくさんついていました。笑
 小林○○○、、、?
 後で調べたら、、とんでもないことになりました。
 慌ててページを閉じました。
 AV女優さんだったんですね。
 もう!!
 馬場さんだから、許しますけど。
 びっくりしました。
 そして、なんばHatchのダディズソングが忘れられない。
 ラジオやピーナッツのユニホームとか、
 小道具を楽しそうに取り出した馬場さんの笑顔。
 かわいかったなぁ。笑




「ブルーバード~僕は夢の影のように」
 K-MIXさんのライブの時に、
 bluebird fly , fly away ~、、、のコーラスを
 任された客席がふがいなかったせいか、、笑
 あれ以来、コーラスはないですね。。
 ちょっと高度過ぎた感ありました。
 爽やかな疾走感があって、
 馬場さんもとても気持ちよさそうに歌ってる。
 ♪道標(しるべ)の無い街角の風に立とう― 
 かっこいい詞です。
 ブルーバードの歌詞、大好きです。
 



「オセロゲーム」
 久しぶりにギターを弾きながらのオセロゲーム。
 バンドツアーの時は、パタパタパタと、、、、、
 のとこで、馬場さんが手のひらを上、下、上、下と
 ひっくり返すとこがツボです。。
 時々、真似してます。
 ほんとに、ノリノリで楽しい~!
 まったく歌詞の通り。
 人生はげにままらないものです。
 実感するけど、またそれも楽しいか。。
 って思わせてくれます。




「君の中の少年」
 これは、もう、ライブの定番ですね。
 みんな、とっても上手に歌いますねー。
 馬場さんも嬉しそうなのが、嬉しい。








アンコールでステージに登場の馬場さん。
会場は総立ちだったんですが、
「立てと言ったり座れと言ったり、
すみません。ちょっとしっとりやりますんで、
座って下さい。笑」って。
どこまでもやさし~い、馬場さんでした。
ほんとにしっとりと聴けました。

 




アンコールの一曲目は「サクラサク」。
聴く度に、素敵な曲になってる。
毎年春に聴けますね。
桜の歌があるっていいですよね。
馬場さんの歌声、この日一番だと思った。



「主人公」もアコースティックバージョン。
ギターを弾いたまま歌ってくれました。
ちょっと新鮮でした。
照明も歌に合わせてきれいでした。
ライブのエンディングのイメージがあるから、
聴きながら、ちょっと淋しくなります。






歌い終わって、渡辺さんとBABIさんと一緒に
客席に挨拶をして、、、。
でも、なかなか、馬場さんだけステージからはけなくて、
丁寧に客席の隅から隅までに挨拶をしていた馬場さん。
こちらこそ、ほんとにありがとう。







握手会、今までの分も全部一緒に
「ありがとうございました。」って言いました。
馬場さんは、ほんとに穏やかな顔で
「ありがとう。」って、うん、うん、て、
うなずいてくれてるみたいでした。








「今度はひとつだけ、歌って下さいね。」
ってアンケートに書いて帰って来ました。
次のACOUSTIC CIRCUITには、
また東海地区も入れて欲しいな。
「一瞬のトワイライト」も歌って欲しい。
あんまり、ライブで歌わないよね。






なんだか、思い出話になっちゃったみたいです。。
でも、楽しい時間でした。








ACOUSTIC CIRCUIT2008
最終日まで、元気で走りきれますように。♪









【2008/04/24 14:21 】 | 馬場さん | コメント(1) | page top↑
<<バトンタッチ。 | ホーム | パン屋さん。>>
コメント
コメント、ありがとうございました。
うれしかったです!!i-262
【2008/04/27 14:44】 | URL | riko #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。